biglobe光が遅い場合の対処法、夜間は対策が無い?ユーザーの声など紹介

biglobe光が遅い場合の対処法、夜間は対策が無い?ユーザーの声など紹介
こんにちは!最近ツイッター情報を見る機会が多い元OLシステム部のひかりんです。ツイッターはリアルなコメントが多く、文章もそんなに長くないので見やすいのが特徴ですね。ひかりんも呟いてみようかな・・・なんて思ったりもしています。

さて引き続きインターネットではどこの回線が遅いとか速いとか話題になっています。最近は光コラボレーションの会社も多く、一体どこがいいのかますます迷う人も多いことでしょう。

ひかりんもこれほど多いとどれが良くてどれがダメなのがわからくなってきます。同じインターネット接続業者の口コミでも速い・遅いの賛否両論が書かれていたりして、本当はどうなんだろう?という具合に勘ぐってしまうからです。

で、結論は?というとやはりわかりません。ごめんなさい・・・。口コミで調べてそれで判断するしかないのが現状です。ただし通信方法などあらかじめ公開されているところもあるのでそうしたところは速度が速い可能性があるのでは?と思っているわけです。

インターネット接続は多数ありますがbiglobe光を利用しているユーザーもいることでしょう。biglobe光についても「速度が遅いときはどうしたらいいの?」なんて質問が来ています。

今回はbiglobe光の速度や対応について紹介したいと思います。

biglobeは名前もメジャーだし、biglobe光は料金も安いと評判だから私も興味があったのよね。ただ夜間は遅いのかしら・・・。それはストレスだわ。
夜間や休日に速度が遅いのはもはや宿命としか言えません。どうしてもこの時間帯は混雑しがちです。

1.biglobe光について

biglobe光について
biglobe光は人気の高いインターネット接続業者です。Biglobeは老舗のプロバイダとしても有名です。以前からbiglobeを愛用しているといったユーザーもいることでしょう。
Biglobeはプロバイダとして活躍していたわけですが、最近は光コラボレーション商品としてbiglobe光を提供しています。この機会にbiglobe光にしようと思っているユーザーの方もいることでしょう。

Biglobeですがbiglobe光はもちろん、フレッツ光でも利用できます。また格安SIMやスマホ、モバイルなど幅広い提供でも活躍している企業です。

biglobe光ですが月額3980円から利用が可能です。光回線とbiglobeのプロバイダ利用よりもこちらの方がお得になっています。

biglobeは引き続きプロバイダの提供もあるのね。それとは別にbiglobe光の提供もあるという意味ね。
そうなんです。フレッツ光のユーザーも引き続きbiglobeを利用できます。この機会にbiglobe光へ乗り換えを考えるのも良いでしょう。

本文は下へ続きます









ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい

インターネット契約特典?家電店契約は大損!8万getの裏技


本文は下へ続きます

2.biglobe光の夜間速度について(ツイッターより抜粋)

biglobe光の夜間速度について(ツイッターより抜粋)
ユーザーのリアルなつぶやきを聞くにはツイッターなどもおすすめです。ここではbiglobe光の夜間の速度(遅い派)をまとめてみました。

23時前後のダウンロード速度

下りが遅い

プロバイダの評判はいいけれど・・

上記のように速度測定からわかるようにどうしても夜間は速度が遅くなりがちです。速度ですが平日の夜より休日の夜が遅くなりがちです。タイミングもありますし、たまたまユーザー側のパソコンが遅かったり、ルーターに不備があることも考えられます。ただ遅いといった報告があるのも事実なのでその点を受け止めて加入を検討するといいでしょう。

せっかく光回線なのにこんなに速度が出てないなんてなんだかショックだわ。なんとかならないのかしら・・・。
夜間はどうしても利用者が集中しますからね。速度が落ちるのはしょうがないにしてももう少し速度は出てほしいところですよね。

3.夜間対策はあるのか?

夜間対策はあるのか?
インターネットの利用で「夜は速度が遅い」というのはbiglobe光に限ったことではなく、他社でも同じような話を耳にします。その中で比較的速度が安定している業者についても名前は耳にしますがいずれにしても夜間は遅くなりがちです。

自宅でのインターネット利用となると夜間にどうしても集中しがちです。仕事終わりやアフターの時間となると夜間に集中します。

biglobe光を利用しているユーザーも「夜間に速度が遅くなるのは勘弁してほしい」と思っている人が少なくないようです。そりゃあそうです。インターネットを閲覧する時間帯に限って速度が遅いのは困ったものです。

夜間対策ですがbiglobeでも改善に乗り出しています。公式サイトでこうした情報も発表しています。
http://support.biglobe.ne.jp/news/network.html/p>

現状ネットワーク設備の増強工事に取り組んでいるとのこと。工事完了そして成果はまだ先かもしれませんが将来的には解消される可能性も期待できます。これは非常にうれしいところです。

ネットワーク設備の増強工事をすれば夜間の速度が遅い点などある程度解消されます。これらの対策をインターネット接続業者で行えば解決に向かうわけですが、設備投資には莫大な費用もかかりますし、業者の財力などの問題もあります。その点biglobeは補強が可能な老舗であり、安心して利用できます。

Biglobeでは速度が遅いといったユーザーに対してIPv6接続への変更をすすめています。IPv6接続へ変更すると速度が速くなることが予想されます。こちらへの乗り換えもこの機会に検討してみるといいでしょう。

夜間の速度が遅いことにストレスを感じているなら速度変更をしたり、オプションを付けてみるのもいい案ね。IPv6接続はとても興味があるわ。どのくらい早くなるのかしら。
IPv6接続は今話題のサービスです。Biglobe光のユーザーもオプションを付ける人が増えています。
4.IPv6接続について

IPv6接続について
現在Biglobe光を利用しているユーザーの中にはさらに高速な回線への乗り換えを期待しIPv6接続へ乗り換えを検討している人もいることでしょう。IPv6接続の料金や内容などまずは確認してみることをおすすめします。
公式サイトより抜粋
http://support.biglobe.ne.jp/ipv6/index.html?i4c=253&i4a=1320938

月額料金ですがルーターをすでに持っているか?、光電話を利用するか?などでも変わってきます。ネット回線状況で料金も違います。フレッツ光でももちろん利用できます。どういう風に利用したら得なのかその点も知りたいところです。

回線速度はビッグローブでも契約内容によって異なります。速度を重視する人はこの点を見直してみるといいでしょう。マンションタイプや戸建てタイプなどでも異なります。

ルーターなどは仕様によって速度に制限がかかる場合もあるので仕様もしっかり確認しましょう。もちろんプロバイダの確認もお忘れなく。プロバイダごとにルールは異なります。

ユーザーとしては料金を支払っている以上サービスについても重視したいところです。速度低下などは困ったものです。会員にならないとわからない部分もあることでしょう。事前に口コミや株主情報も目を通しておきましょう。

ネット上の声は非常に参考になります。もちろんスマホからも情報を閲覧できます。速度については特に話題になっていて速度制限導入などもすぐにピックアップされます。

フレッツ光は古くからの利用者も多く、ビッグローブのプロバイダを使っている人もいることでしょう。乗り換え先もビッグローブ光を利用している人も多くみられます。IPv6のオプションをプラスして利用をさらに快適にしたいところです。これでお速度が遅いなんて悲痛もなくなるのではないでしょうか。

現在日本電気が手掛けており売却など影響も気になります。またかもめインターネットなど他社についても考えてみるといいでしょう。対応機器が分からない人は日本産業パートナーズなどを確認するのも良いでしょう。インターネットは投資ファンド情報についてもチェックが可能です。

乗り換えは簡単にできます。税抜かどうか?も確認しましょう。ネットはプロバイダーも大事です。プロバイダーの方針や品質は自分で状態を確認するのが1番です。IPv6オプション接続で夜間もストレスは軽減されることでしょう。

IPv6オプションをつけることで夜間もストレスなく閲覧できるならぜひつけたいところね。私とかもそうだけど日中仕事をしている人は夜間じゃないとインターネットを見ることができないのよね。
そうですね。そうしたことを考えると夜間の料金投資は必須と言えます。料金はかさみますがそこまで高くないですし、利用を検討してみるのも良いかと思います。
5.インターネット接続はプロバイダ選びもしっかりと

インターネット接続はプロバイダ選びもしっかりと
みなさんはどういった形でインターネット接続業者を選んでいるでしょうか?キャッシュバックで特典が高かったところ、入会キャンペーンをしていたところ、安心感があるNTTなどさまざまな理由があるかと思います。

最近は光コラボレーション業者も多数あり、業者数は500件を超えています。これほど多くの業者から自分でインターネット接続業者を選択しなければならないのはけっこう大変な作業です。地道に口コミを調べて加入する人もいれば友人が使っているといった理由で加入する人もいることでしょう。

インターネット接続業者ですが光回線の場合現在は「1ギガ提供」が主流となっています。1ギガなんてADSL時代から比較するとかなり速度も速く、動画視聴も楽々なんてイメージの速度です。

実際に光回線は速度の速さがウリでそれを目当てに加入しているユーザーも多いことでしょう。

光回線ですが光ファイバーケーブルが使われており、ISDNやADSLとは全く異なった仕組みとなっています。ISDNやADSLは電話回線を利用したメタルケーブルが用いられています。メタルケーブルは例えば電話中にインターネットの接続が途切れたり、影響が出やすいケーブルでもあります。それに対し光ファイバーケーブルは半永久とも言われるケーブルでケーブルの頑丈さはもちろん、他への影響がほとんど出ないケーブルです。そもそも電話回線とは違うケーブルなのでその点でも影響が出ることはありません。

光コラボレーションの会社はNTT東日本とNTT西日本から回線を借りた形で事業展開をしています。光回線を借りてプロバイダは自社提供し、それを自社商品として売り出す方法です。いわば道路を借りている店舗営業をしている状況とも言えます。

理屈としては光回線とプロバイダを接続すればインターネット閲覧が可能となります。ここで大事なのがプロバイダ選びです。プロバイダの運営は各社に任されており、光回線と違って条件や内容も異なります。

プロバイダですが規制をかけているところもあれば、規制がゆるいところもあります。またその他のオンラインゲームができるところもあれば、できないプロバイダもあります。ただ普通にインターネットを閲覧する程度であればどこのプロバイダでもいいかもしれませんが、オンラインゲームをしたり、サーバー運用したい場合、条件面をしっかり確認することが大事です。

夜の速度が遅いといったケースでは夜間の混雑時にインターネット接続に制限をかけているプロバイダもあります。最近はそうした傾向がますます増えているのでその点もしっかり確認する必要があります。

光コラボレーションの場合、プロバイダが最初からセットになっているわけですが本当にそのプロバイダのルールで問題ないか?しっかり確認した上で検討することが大事です。

なぜこうしたことをいうのか?というと以前よりもプロバイダ規制が進んでおり、ルールがさらに増えているからです。昔はそうしたことはあまり気にしなくてよかったのですが、今は夜間規制など規制が年々増えつつあります。

これらもぜひ参考にしてみてください。









ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい

ネット回線への加入はやっぱりネットからが一番お得!
8万円キャッシュバックも可能!ネット回線は店舗よりネット窓口で加入!これが主流になりつつあります!
スマホとかPCで入力1分、あとは待つだけで楽だったわ!
↓私達がマンガで解説しています↓

インターネット契約特典?家電店契約は大損!8万getの裏技


サイトのスタッフに直接質問コーナー
『ネット回線の新規契約や乗り換えをしたいけど、どうしたら良いかわからない。詳しい人に相談したい』
ネット回線247のスタッフが直接お答えします!

現在使っている回線やお住まいの都道府県、お使いのスマホの会社名など教えていただけますとスムーズにご返信できます。

↓FacebookやTwitterでやりとりする場合はコチラ↓
やっぱりネット回線の話は複雑?ネット回線247スタッフが直接疑問を解決!