ビック光の評判、キャンペーンなどを分析、解約する人は多いか?

ビック光の評判、キャンペーンなどを分析、解約する人は多いか?

1.ビック光とは?

ビック光とは?
皆さん、「ビック光」って聞いたことがありますか?「ビック光」とは、家電量販店大手のビックカメラが販売する、NTTの「フレッツ光」を利用した光コラボレーション(光コラボ)のインターネット接続サービスです。このサービスを利用すると光回線を使ってインターネットを高速に利用することができ、しかも有名な「ビックカメラ」の商品ということで、「買い物に行ったら勧誘されて、つい契約してしまった」という人も多いようです。

しかしインターネットで検索してみると、ビック光の評判はどうも思わしくありません。あるアンケートによると、インターネット回線を選ぶ決め手になる要素は1位が「月額料金」、2位が「通信速度」で、3位が「キャッシュバック」とのことですが、ビック光はどこに魅力がないのでしょうか?ここでは「ビック光の料金体系は?」、「ビック光にお得なキャンペーン、キャッシュバックは存在するのか?」、「解約の手続きはどうすればいいの?」について解説していきます。

私はビック光って知らなかったけど、あのビックカメラが販売しているサービスならいいものなんじゃないかしら?「お得ですよ」なんて言われたら、つい申し込んじゃいそうね。
企業のネームバリューだけで飛びついてはダメですよ!光回線サービスは、一度契約すると違約金を払わなければ解約できない条件のものが多いんですからね。記事を読んでちゃんと理解した上で考えましょう。

本文は下へ続きます










ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい


本文は下へ続きます

2.ビック光の料金体系は?

ビック光の料金体系は?
光回線サービスを選ぶのに一番気になるのは、アンケートの結果でも出ているようにやはり「料金」です。そこで始めにビック光の料金体系、月額料金と工事費などの初期費用についてみてみましょう。

まずビック光には、「ビック光(IIJmioひかり)」と「ビック光(OCN光)」の2種類があります。これらの違いは「プロバイダ」で、「回線業者はビック光ですが、プロバイダ業者はIIJmioとOCNの2つから選べますよ」ということです。そして、選ぶプロバイダによって料金も多少違ってきます。まずはこのことを覚えておきましょう。

ところで、「OCNはNTTコミュニケーションズが運営するプロバイダ」というのは比較的知られていることですが、「IIJ」はどのような企業か知っていますか?「IIJ」とは「インターネットイニシアティブ」の略で、この企業は外資を除き、日本で最初に商用サービスを開始したプロバイダです。ちなみに平成27年5月に行われた「スマホ用格安SIMの通信品質満足度」で1位になっている企業でもあり、シェアは少ないですが実績はある会社となっています。

では最初に「ビック光(IIJminひかり)」の料金からみてみましょう。まず月額料金は、戸建てが4,960円、マンションタイプが3,960円となっており、さらに格安SIMのBICSIMを合わせて使うセット割引(mio割)を利用すれば、無期限で月額600円引きとなります。つまりmio割適用で戸建てタイプは月額4,360円、マンションタイプは月額3,360円になる、ということです。ちなみにこの契約は最低利用期間が「2年」となっており、途中で解約すると違約金として5,000円の支払いが発生することに注意が必要です。

また、工事費用は「宅内の配線設備を新設する場合」と「宅内の配線設備等を再利用し、かつお客様ご自身にて回線終端装置等を設置する工事(無派遣工事)の場合」で異なり、宅内配線新設の場合は戸建てタイプで18,000円、マンションタイプで15,000円。そして再利用(無派遣工事)の場合は2,000円となっています。なお、「土日祝日に工事してほしい」となった場合には、別途3,000円が掛かることも覚えておきましょう。なお、工事費は必ず一括という訳ではなく、6,500円以上の場合には20か月の分割になります。

そして初期費用というのも掛かりますが、これはフレッツ光を利用していたかどうかで料金が変わり、利用していた場合には1,800円、初めて利用する場合には800円となっています。また、1ギガ対応無線ルーターは自分で準備してもよいのですが、機器レンタルのサービスもありレンタル料は月額300円です。

次に「ビック光(OCNひかり)」ですが、始めに断っておくとビック光(OCN光)は、2017年11月1日付をもって新規の受付を終了しています。ですので、ここでは比較のための参考としてみてください。まず月額料金は戸建てタイプで標準金額が6,200円、2年自動更新型割引で5,100円となっており、マンションタイプでは標準金額が4,700円、2年自動更新型割引で3,600円となっています。

つまり、IIJmioひかりの場合には利用期間2年未満での解約時に違約金の発生するタイプの契約しかなかったのですが、OCN光の場合には月額料金は高いが違約金は発生しないパターンもある、ということです。また、途中解約の違約金は11,000円になっています。そして、初期費用としてはまず事務手数料が戸建てタイプ・マンションタイプともに3,000円掛かり、その他工事費が掛かります。

工事費は、戸建てタイプ・マンションタイプどちらも「屋内配線を新設せず派遣工事がある場合」は7,600円、「派遣工事なしの場合」には2,000円で、「屋内配線を新設する場合」には戸建てタイプが18,000円、マンションタイプが15,000円となっています。

以上がビック光の料金体系となっていますが、IIJとOCNで比べてみる(同条件とするため2年契約で比較)と、戸建てタイプはIIJがmio割なしでも140円、mio割ありであれば740円安く、マンションタイプはmio割なしでOCNが360円安く、mio割ありであればIIJのほうが240円安くなっています。つまり、月額料金は「マンションタイプでmio割なしの場合以外」においてプロバイダはIIJの方が安い、ということです。

他のサービスだと戸建てタイプで月額料金5,000円を超える所が多いから、ビック光は安い方なんですね。やっぱりビック光にしたほうがいいんじゃないの?
確かに月額料金だけでみると、ビック光は安いサービスということができます。しかしビック光は、他社にある大事なものがないんです。詳しくは次で説明しますね。

3.ビック光にお得なキャンペーン、キャッシュバックは存在するのか?

ビック光にお得なキャンペーン、キャッシュバックは存在するのか?
月額料金の安さが分かったビック光。しかし本当にお得なのでしょうか?ここでは「インターネット回線を選ぶ決め手になる要素」第3位となっている「キャッシュバック」などのお得なキャンペーンについてみていきます。

さて、結論から言うと「ビック光にキャッシュバックはありません」。以前は「最大18,000円分のICBギフトカードプレゼント」というキャンペーンもあったようですが、他社では20,000円、50,000円、70,000円といったキャッシュバックキャンペーンを行っているにもかかわらず、ビック光は「ない」のです。これは具体的にどういうことかというと、例えば50,000円のキャッシュバックがある場合、これを2年(24か月)で割ると1か月当り約2,100円になります。つまり、両者の間に月額料金2,100円以上の差がないと、キャッシュバックのないビック光は「損」なのです。

また、サービスによっては「工事費実質無料」のキャンペーンを行っている所もありますが、ビック光にはやはりそのようなキャンペーンはありません。ビック光の工事費は、戸建てタイプの宅内配線新設で18,000円。これを24か月で割ると1か月当たり750円。ここでまた差がつくのです。

例えばキャッシュバックが50,000円で工事費も実質無料のサービスがあると仮定した場合、そのサービスとビック光では月額2,850円以上の差がないとビック光の方がお得にはなりません。そして、ビック光の月額料金は戸建てタイプで4,960円(IIJ・min割なし)。これに2,850円を足すと7,910円となり、ここまで戸建てタイプで高いサービスは見たことがありません。

つまり「ビック光は実質高い」のです。なお、使用年数が長ければ長いほど月額料金の安いものがお得になりますが、それでもキャッシュバック金額と実質無料となる工事費の額を見れば、現実的にどちらを選べばいいのかは一目瞭然です。

他のサービスではあんなにたくさんキャンペーンを行っているのに、ビック光にキャッシュバックや実質工事費無料のキャンペーンがないなんて信じられないわ。
「月額料金が他社よりもこんなに安いですよ」なんて勧誘を受けるとつい契約してしまいがちですが、このようにトータル的に見て検討しないと損をしてしまうんですね。気を付けましょう。
4.解約の手続きはどうすればいいの?

解約の手続きはどうすればいいの?
では次に、「今ビック光を利用しているけど他に乗り換えたい」といった時に必要な「解約」の手順をみてみましょう。まずビック光解約の連絡先は「プロバイダ」になります。つまりIIJmioひかりを選んでいたかOCN光を選んでいたかによって、解約の連絡先が異なるのです。まずは、選んだプロバイダに解約の申し出をするということを覚えておきましょう。

では、ま最初にIIJの場合からです。IIJの場合、解約するには電話による廃止日の調整が必要になります。その問い合わせ先は「IIJサポートセンター」ですが、予約をIIJmioのマイページへログインしてとる形になります。その際に必要な情報としては、「mioIDまたは登録メールアドレス」と「mioパスワード」。事前に準備をしておきましょう。なお、解約の際にはいくつか注意点があります。

まずは「解約時の違約金」についてで、IIJmioひかりは、先にも述べましたが2年間(24か月間)の最低利用期間が設定されています。そのため、2年未満の利用期間で解約をしようとすると、違約金として5,000円の支払いが生じてしまいます。なお、「最低利用期間」ですので、他のサービスにあるような「更新期間を過ぎた場合、次の更新期間を待たずに解約すると違約金が発生する」といったことはありません。

そして次の注意点は「解約月の料金」についてです。一般的な光回線サービスでは解約日を月末とされ、日割り計算は行われない形になっていますが、IIJmioひかりは日割り計算をしてくれます。「解約日は月末になってしまうから…」と考えず、何日にでも設定できるということを覚えておきましょう。さらに「工事費が分割になっていて未払いが残っている場合」には、解約月の請求時に一括で請求されます。「知らなくて支払いできる余裕がない」ということがないよう、気を付けてください。

そして、利用の環境によっては解約にあたり「現状復帰工事」が必要になります。この工事は派遣工事になりますので立ち合いが必要になり、別途料金も発生します。サポートセンターとの電話の際に、詳細を確認しましょう。最後にルーターのレンタルを利用していた場合には、返却が必要です。うっかり忘れていた場合、面倒で返さなかった場合には未返却分の料金が発生しますので、こちらも必ず返却しましょう。

以上でIIJの解約の解説は終わりになります。IIJmioひかりの解約は、「2年以上利用すればいつでも解約OK(違約金が発生しない)」、「解約月は日割り計算される」ことなどから、比較的解約しやすいものになっています。注意点を踏まえてサポートセンターのオペレーションに従えば、問題なく解約できるでしょう。

次にOCN光についてです。OCN光の解約は、「NTTコミュニケーションズのお問い合わせ窓口」に電話することが必要です。電話番号は「0120-506-506」、営業時間は10:00~19:00ですが、日曜日と祝日、12月29日~1月3日は定休日となっています。なお、手続きの際にはOCN会員証に記載されている「お客様番号」が必要ですので、事前に準備しておきましょう。そしてOCN光の解約にもいくつか注意点があります。

まずは「途中解約の違約金」についてです。OCN光の場合には、違約金が発生する契約としない契約がありますが、違約金の発生する「2年自動更新型割引」を利用している場合には、2年経過後の契約更新月の間に解約をしないと11,000円の違約金が発生します。また、OCN光はIIJmioひかりとは違って日割り計算がされません。そして工事費未払い分の一括請求は、IIJmioひかりと同様に残額を一括請求されます。また、状況によっては現状復帰工事が必要になりますので、こちらも電話をした際に確認しましょう。

そして、ルーターをレンタルしていた場合の返却もIIJと同様です。このように、OCN光も大きな面倒なく解約をすることができますが、IIJと異なり「2年自動更新型割引を利用している場合、更新月以外では違約金が発生する」こと、「解約日は月末となり日割り計算はされない」ことに注意しましょう。

このように、契約しているプロバイダにより多少流れや注意点は異なりますが、基本は解約の連絡とルーターの返却(レンタルの場合)です。ただし違約金や工事費の未払い分の支払いなどはあらかじめ押さえておき、支払いができないといったことがないようにする必要があります。

解約の手続きはそんなに難しそうではないわね。私でもできそう。
ルーターの返却だけは忘れずに行わないと、後で未返却費用として請求されてしまいます。気を付けましょう。
5.引っ越しで引き継ぐ場合の手続きを解説

引っ越しで引き継ぐ場合の手続きを解説
引っ越しをした場合については、工事が必要になる場合とそうでないという場合があります。まずは、引っ越しをする前に、工事が必要になるのか?不要なのかということと、機器の設置や設定などが必要になるのかなどを電話などで確認しておくようにするとよいでしょう。

その確認を行うためには、IIJサポートセンターに電話をして確認するのがよいでしょう。必要に応じて、フレッツ光をビック光にするという場合はNTTに問い合せを行う必要があります。サービスによってはそのままでは引き継げないというものもありますので、面倒くさいと感じるかもしれませんが、必ず必要な手続きを電話などで確認する必要があります。

とくに、引っ越しで引き継ぐという場合に新たに工事が必要になると言った場合などには、当然ですが、工事費用がかかることになります。そのような場合には、工事費用の確認を行う必要があります。とくに、口コミなどでもあるように、工事の費用や日程などはトラブルになりやすいので、この点はしっかりと確認をするようにしておくのが良いでしょう。

6.ビック光の回線速度、口コミはいかに?!

ビック光の回線速度、口コミはいかに?!
ビック光の回線速度についてはどのような感じなのでしょうか?実際にビック光を利用している人の口コミなどを参考にして、通信速度などについて調べてみました。

光で言えば、auひかり、NURO光、などをはじめとして最近では非常に色々なものがあり、どれがよいのかわからないという人も多いでしょう。そのような場合には、やはり実際に利用している人の口コミを参考に選んでみたいと考えますよね。

今回、ビック光の回線速度について調べてみましたが、まずはっきりと言ってあまり口コミが多くありません。さきにも触れているとおり、キャッシュバックなどがあるわけではないですし、他の物と比べて大きな特徴があるというわけでもないので、利用回線にするにははっきりいってあまり向いていないと言えます。ただ、やはりビックカメラという名前は知名度があるのでその関係で安心するということもあるかもしれません。

最大速度に関しては、上下1Gbpsで、NTTの光回線を利用するということで、当初はかなり注目されていましたが、実際に提供が開始されてからもビック光の通信速度がすばらしいとか、サービスが素晴らしいというような話は聞こえてきません。

回線速度については、遅いという口コミが多かったですが、これについてははっきりいって環境によって違います。速度が遅いとはいえ、NTTが提供している光回線を利用しているので、品質という部分で他と大きく見劣りするというものではないですし、速度が遅いといってもやはり個人差、環境の差が大きく影響すると言えるでしょう。

実際に口コミとしても、通信速度に関しては速いというものではないけれど、普通に利用することが出来るという口コミもあります。

その他にも通信速度になると、非常に不安定だという声が聞こえてきます。普通に利用することが出来るという意見もありますが、夜などになると使えなくなるなど、通信速度などが一定でないという口コミもちらほらと見受けられます。インターネットを利用する側にとって最も避けたいのが利用したいときに、インターネットを利用することが出来ないということです。そのようなことにならないようにやはり出来るだけ通信速度や通信が安定しているものを選びたいと考えている人が多いでしょう。

また、セット割などの割引があるとはいえ、はっきりいって利用者がお得になるほどの割引額ではないので、特別乗り換えるほどの魅力がありません。

では、このビック光を総合的に判断してみるとどのようなことが言えるのかということですが、通信速度などをはじめとして口コミによいものが少ないという点、また実際に利用している人が少なすぎるという点、キャッシュバックなどがないという点、割引額などを含めて大きな乗り換え材料などが見当たらないというところを総合的に判断すると、おすすめすることはあまり出来ないということが言えそうです。ビック光よりもキャッシュバックがあるというところや実際に利用者が多く、通信速度なども比較的満足しているという人が多いところの方が、ビック光よりもおすすめすることが出来ると言えるでしょう。

ただ、基本的には何度も書いている通り、NTTの光回線を利用しているということには変わりがないので、インターネット上にある口コミがすべてであるということは言えません。通信環境などが大きく影響すると言えるでしょう。基本的な品質が悪いということではないでしょう。しかし、現状では使えるのならば、ビック光に対する良い評判がもっとあっても良いのではないかと思うのですが、実際の利用者の数が非常に少ないのか、良い口コミなどがほとんどありません。

あくまでも、現状ではそのような理由からとくに、ビック光を強くすすめられるという理由がないので、あまりおすすめできません。

もちろんどこにするのかをキャッシュバックの金額などだけで判断することは出来ませんが、インターネット上の口コミやサービス面などを総合的に判断してみるとやはり、他のところを利用することがおすすめであると言えるでしょう。

また、インターネットで調べてみると本当なのかな?と思ってしまいますが、開通工事などの工事日の連絡が全然来ないなどという口コミもありました。利用する際には、利用する場所の設備などによっては、回線工事などが必要になる場合もありますが、ネットを利用するための工事日の連絡がないというのは、利用者側からすると考えられません。しかし、実際にそのような口コミもあるので、心配になってしまいます。

7.実際にビック光はどうなのか?

実際にビック光はどうなのか?
実際にビック光の回線速度以外の部分でのサービスなどについても調べてみました。実際に口コミだけではなく提供しているサービス情報などからも見ていきます。ひかり電話で見ていくと、ビック光電話というものがあります。電話サービスですがこのオプションが少し複雑に感じてしまいます。月額500円で利用することが出来て、今使っている固定電話の番号をそのまま利用することが出来るというのはよいのですが、オプションの料金設定がこれは無料でもよいのではないのかなと感じてしまいます。

ビック光の電話オプションの非通知番号ブロックは月額200円かかります。また発信元番号表示は月額400円かかります。このようなサービスはいまどきどこでもやっています。発信元番号表示はかかってきた電話の電話番号を表示するというものですし、非通知番号ブロックというものは、非通知で電話をかけると番号を通知してかけるように促すというものです。

その他にも、割り込み電話着信という、通話中に他の着信があったという場合には、電話を保留して着信した電話に対応することが出来るというものです。仕事の電話など優先したい電話がかかってきたというときなどにはとても便利なサービスですが、割り込み電話着信は月額300円となります。

さらに、ビック光の電話オプションは迷惑電話ブロックというものもあります。迷惑電話の電話番号を迷惑電話リストに入れることによって、その次からはその着信を拒否するというものになります。月額200円かかります。

たしかに、オプションとしてはとても便利だし、迷惑電話なども多くて便利だけど、月額料金がかかるのはどうなのかな?
そうだね、光電話は安いけれどこのようなオプションをつけてしまうと月額料金は結構かかるね。
そうね。オプションて必要なのか、必要じゃないのかよくわからないものもあるわよね?店舗などで無理やりつけられる物もあるし。
オプションなども含めて今よりも利用料金が安くなるのかをしっかりと検討してから申し込みをする必要があるね

最近では、通話をするには携帯電話だけで充分という人もいるので、このようなサービスを利用するかどうかはしっかりと考えてから利用開始する必要があります。最近では格安スマホ、格安SIMという言葉をよく聞きますし、SIMカードの話題はインターネットなどでも頻繁に取り上げられています。

8.まとめ

ビックカメラという大手が運営する「ビック光」。月額料金が安く、一見安そうですが、キャッシュバック等のキャンペーンがないので実は割高です。違約金の発生に注意し\ながらなるべく早く解約し、キャッシュバックなどのキャンペーンを行っている別の光回線サービスに乗り換えをした方がお得になっているので、早速検討することをお勧めします。










ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい

こちらの記事もオススメです
スマホとかPCで入力1分、あとは待つだけで楽だったわ!
↓私達がマンガで解説しています↓

インターネット契約特典?家電店契約は大損!8万getの裏技


サイトのスタッフに直接質問コーナー
『ネット回線の新規契約や乗り換えをしたいけど、どうしたら良いかわからない。詳しい人に相談したい』
ネット回線247のスタッフが直接お答えします!

現在使っている回線やお住まいの都道府県、お使いのスマホの会社名など教えていただけますとスムーズにご返信できます。

↓FacebookやTwitterでやりとりする場合はコチラ↓
やっぱりネット回線の話は複雑?ネット回線247スタッフが直接疑問を解決!