auひかりがエリア外!拡大予定は未定!業界人が対処法を解説!

auひかりがエリア外!拡大予定は未定!業界人が対処法を解説!
今回、お送りするテーマは「auひかりがエリア外の拡大予定は?エリア外だったときの対処法」です。

口コミでは概ね高評価の「auひかり」ですが実情は多くの地域が未だ利用可能エリア外となっており、契約したくてもできない現状が続いています。
ただ「auスマートバリュー」という割引が適用にもなり、速度クオリティも高いので諦めきれないですよね。

今後のエリア拡大はどうなるのかということを具体的に分析を行い、対象エリアになることが見込めない地域の方向けにも対処法を「自称アドリブ力が高い」私がご紹介していこうと思います!

1.「auひかり」今後のエリア展開は?

「auひかり」今後のエリア展開は?
独自回線を使用しているから回線が速いと話題の「auひかり」ですが、これからエリアは順調に拡大していくのか?
これは業界人の私から見て正直「微妙」というのが本音です。

これは何故なのか?
というのも関西ではあまり知られてないのですが「auひかり」は実は以前に東京電力がインターネット事業をKDDIに譲渡したことから始まったものなのです。
よって「auひかり」が展開している光ファイバーはもともと東京電力の持ち物だったわけですね。

この「もともとが東京電力の持ち物」だった故にエリア拡大に様々な障害が発生していると思われます。
現に中部電力の「コミュファ」がある中部地方と関西電力の「eo光」がある近畿地方では「auひかり」の戸建てタイプは提供が完全圏外となっており、今後の展開の見込みはありません。

これはKDDIが「PNJグループ(電力系通信事業者)」の幹事会社であることから、中部電力と関西電力が電力会社の中でも100%子会社にあたるという大人の事情が原因なのです。
中部と関西は「戸建て全滅」と見ていいでしょう。
(マンションタイプは提供をしています)

関東以外の各地方も地方別の電力会社系統の光ファイバーが展開されているので一筋縄ではいきません。 中部と近畿以外の地方でも「auひかり」のエリア拡大は「大人の事情」との戦いに苦戦を強いられるという私の見解です。

本文は下へ続きます









ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい

インターネット契約特典?家電店契約は大損!8万getの裏技


本文は下へ続きます

2. エリア外であれば「auスマートバリュー」が適用される他サービスを!

エリア外であれば「auスマートバリュー」が適用される他サービスを!

「じゃあ、エリア外だったらどうすればいいの?」と思われた方へ。
これを読まれている人には「auスマートフォンとセット割引が組めるインターネットサービスが使いたい」という願望をお持ちの方が殆どなのではないでしょうか?

・auスマートフォンとセットがお得なサービス
Auスマートフォンとセット割が組めるのは「auひかり」だけではありません。
他社プロバイダの光コラボでもauセット割が適用される光コラボ事業社はもちろんありますし、各地方の電力系光事業社が展開しているインターネットサービスは「auスマートバリュー」が適用されるのです。

あと各地域で限定はされますが地域密着型のCATV事業社のインターネットサービスも「auスマートバリュー」が適用されるものがあります。
「auセット割」が適用される光コラボ事業者になると、
・So-net光コラボレーション
・@nifty光
・BIGLOBE光
・AsahiNet光
・エディオン光
とこのように選択肢は幅広いです。

各地方の電力系光事業社では
・コミュファ光(中部電力)
・eo光(関西電力)
・Pikara(四国電力)
・MEGAEGG(中国電力)
・BBIQ(九州電力)
等があります。
各地域にある「auスマートバリュー」が適用可能なCATV事業社サービスはauのホームページで確認することができます。

ではどのサービスが一番お得なのか?

・割引は「auスマートバリュー」が一番良い
料金だけを考えると「auスマートバリュー」が適用される各地方の電力系光事業社、もしくはCATV事業社サービスが最も良い選択と言えます。

「auセット割」だと割引がインターネット料金へ毎月最大1,200円のみ。
「auスマートバリュー」だと割引額はauスマートフォン1台へ毎月最大2,000円です。

更にこの「auスマートバリュー」は一緒に済んでいる家族の人がauスマートフォンを利用していれば、その人にも同額の割引が適用されるのです。

家族にauの人がいればいるほどお得になるわけですね!

更に通信速度のクオリティ面も考慮すると、最終的に残る選択肢は電力系光事業社の一択になるのです!

それは何故なのか?

3. どこの地域も高評価!地方別の電力系インターネットサービス!

どこの地域も高評価!地方別の電力系インターネットサービス!

各地域にある地域密着型のCATV事業社のインターネットは純粋な光回線インターネットではありません。
CATVの線を用いてインターネットを提供しているサービス形態です。
よって通信速度のクオリティが光回線と比べるとやや劣ってしまいます。

対して各地方別にある電力系光事業社の通信速度はどの事業社も口コミでは高評価!
インターネット上でもネガティブな口コミや低評価はなかなか見つかりません。
光回線のクオリティもさることながら、プロバイダも電力系光事業社が一括していることから安定感が他社より強いと言えます。

アフターサービスも概ね好評で、よくある「カスタマーセンターに電話が繋がりにくい」という不満も非常に少ない傾向にあります。
もちろん土日等は少し待たされることもありますが、その待ち時間も新参の光コラボサービスの長い待ち時間とは比べものになりません。

電力系光事業社、実は何気にNTTのフレッツ光同等、もしくはそれを超えるシェア数を誇っています。
この秘訣は安定した通信速度とサービスに裏付けされたものだったんですね。
私が住んでいる関西でも「eo光」を利用している人は非常に多いので納得です。

4. 光コラボもいいけど…デメリット面多し
光コラボもいいけど…デメリット面多し

電力系光事業社の魅力をお届けしてきましたが、今現在「フレッツ光」を利用している人から見ると「そっちは工事が入るしめんどくさそうだから、工事の入らない光コラボがいいんじゃないの?」と言う人もいるでしょう。

確かに工事は入りますが、時期によっては工事費割引等のキャンペーンが走っているタイミングを狙えばコスト面は可能な限り解消可能です。

そして光コラボは独特のデメリットが存在するのです。
そのデメリットとは…

・サービス事業社によって速度や評判にバラつきがある
同じフレッツ光でも、光コラボであってもプロバイダによる安定感には差が出ています。
昔から名前がよく知られている「BIGLOBE光」や「So-net光コラボレーション」でさえも地域のよっては「速度が遅くなる」という口コミが見受けられるので、「auセット割」の金額面も含めて考慮するとコストパフォーマンスは良いとは言い切れません。

・電話番号にもデメリットが…
そして光コラボで一番の問題点になるのは固定電話の番号です。
フレッツ光で使用していたNTT発番の電話番号を光コラボ事業社に移行をすると、先々また他の光事業社に乗り換えをする際に簡単に移行をさせてくれません。

それは一度、光コラボ事業社に移行をした電話番号は「NTTのものではなく光コラボ事業社が提供しているもの」に化けてしまうからです。

光コラボ事業者から他サービスへ電話番号を移行するには一度NTTに「電話番号をNTT所有に戻して欲しい」と申告をする手間が発生してしまいます。
コストも3,000円~10,000円とかかってしまうので、長期的に使う人でなければお勧めできません。

電力系光事業社では光電話サービスへ番号以降は可能ではありますが「NTTが提供している固定電話」の立ち位置の状態を維持してくれるため、先々のことを考えると安心ですね。

5.総括

様々な要素を全て考慮しても「電力系光事業社」に軍配があがります。
光コラボ事業者も改善は行っていますが、まだ新しいサービスで体制作りがまだ完成しきっていないのでしょう。
今後の光コラボ事業者の挽回に期待と言ったところですね。









ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい

ネット回線への加入はやっぱりネットからが一番お得!
8万円キャッシュバックも可能!ネット回線は店舗よりネット窓口で加入!これが主流になりつつあります!
スマホとかPCで入力1分、あとは待つだけで楽だったわ!
↓私達がマンガで解説しています↓

インターネット契約特典?家電店契約は大損!8万getの裏技


サイトのスタッフに直接質問コーナー
『ネット回線の新規契約や乗り換えをしたいけど、どうしたら良いかわからない。詳しい人に相談したい』
ネット回線247のスタッフが直接お答えします!

現在使っている回線やお住まいの都道府県、お使いのスマホの会社名など教えていただけますとスムーズにご返信できます。

↓FacebookやTwitterでやりとりする場合はコチラ↓
やっぱりネット回線の話は複雑?ネット回線247スタッフが直接疑問を解決!