au光のずっとギガ得プラン、キャンペーン内容とは?業界人が評価!

2年前から本格的に展開が始まった携帯電話会社によるインターネットサービス。
携帯電話業界の主要各社のサービス名がよく耳に入るようになり、携帯電話ショップ窓口ではほぼ必ずと言っていいほど
「ご自宅のインターネットはどこをお使いですか?」
という質問をされるようになりました。
実際にショップで質問された方も多いのではないでしょうか?

既に携帯会社のインターネットに切り替えた人は多くいますが、切り替えをしていない人はどのような理由で切り替えしなかったのでしょうか?
回線速度が変わるんじゃないか不安…
携帯会社のインターネットサービスってそもそも大丈夫なの?
昔からあるインターネット会社のほうが信用できる気がする…

という理由の方が多いのではないでしょうか?

「Docomo光」と「SoftBank光」はNTTのフレッツ光回線でサービス提供を行っているので地域とプロバイダーの相性が悪いといったことが無い限り回線品質に問題が起こることはまずありません。
なので比較的に安心して契約することができますし、販売員目線の話までしてしまうと提案トークが非常にシンプルにしやすい商材です。

しかし「auひかり」上記2社と違い独自回線を使用しているので一番不安になって契約まで踏み込めない方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は「auひかり」に的を絞り、徹底解説!
徹底解説をしたうえで現在の「ギガ得プランとキャンペーンの内容」をご紹介しましょう。

1.「auひかりってどんなサービス?」

KDDI?auひかりのインターネット
詳しく知りたいわ!!!

前述にもあった通り、携帯電話会社の「au」によるインターネットサービスです
DocomoやSoftBankと違い、「au」を手がけるKDDIの独自の光ファイバーでインターネットサービスを提供しています。
今までは光ファイバーを展開している会社はNTTの「フレッツ光」と各地方毎の電力系会社の光ファイバーの2つなので、どちらかを選択するということが殆どでした。
電力系会社になると関西ではeo光、四国ではpikaraといった感じで地方毎に名前も違えば料金も違います。
他には各地方毎にあるケーブルテレビ事業社が展開しているインターネットサービスも存在します。
「auひかり」の光ファイバーはNTTや電力系会社の光回線を使用しているのではなく、KDDIによる完全独自の新しい光ファイバーになるのです。
これは不安になる人のもっとも多い理由にもなります。
回線クオリティは後ほど説明するとしましょう。









ネット回線への加入はやっぱりネットからが一番お得!
8万円キャッシュバックも可能!ネット回線は店舗よりネット窓口で加入!これが主流になりつつあります!
スマホとかPCで入力1分、あとは待つだけで楽だったわ!
↓私達がマンガで解説しています↓

インターネット契約特典?家電店契約は大損!8万getの裏技


2.フレッツ光との料金比較

フレッツ光との料金の違いを教えて!!

auひかりのギガ得プランとフレッツ光のそれぞれの月額料金を比較してみましょう。
・フレッツ光の月額料金
ネット料金 6,100円(プロバイダーによって多少変動有り)
光電話 1,500円
・auひかりの月額料金
ネット料金 5,200円
光電話 1,000円

フレッツ光のプロバイダー会社にもよりますが、ネット料金はauひかりに軍配が上がることが多いです。
今までフレッツ光よりも料金が安くなる会社は関西のeo光ぐらいだったので、こちらはもっとも注目すべきポイントではないでしょうか?
ネットを変えるだけで料金が安くなりますからね。
ただフレッツ光も対抗キャンペーンを打ち出し始めているので、しっかり比較をしたうえで選ぶことをお勧めします。

3.通信速度ってどうなの?

速い? 速くなった?
やっぱり通信速度が気になる

フレッツ光等と同様に「下り速度最大1Gbps」を謳っているいますが、実際のところどうなのでしょうか?
某口コミサイトの情報から分析しましょう。
2017年に入ってからの口コミは概ね「速度が速い」、「速度が速くなった!」という声が多いです。
以前は多少「速度が遅い」といった声もありましたが、8割~9割は問題が無いと思っていいでしょう。
ホームページでは他のマニアックなサービス会社で問題になっている「ベストエフォート型」を採用しています。
この「ベストエフォート型」は名前の通り「ベスト(最大限)にエフォート(努力)をする」というもので、最低限の品質を保証するものではありません。
私はここに不安材料があるのではないかと予想してましたが、その心配は無いようです。
「流石、KDDIだ!」と言ったところでしょうか。

4.ギガ得プランとキャンペーン内容ってどんなの?

ギガ得キャンペーン??
フレッツより安いの???

「ギガ得プラン」とは?

Auひかりの標準プランではネット料金が月額6,300円ですが、「ギガ得プラン」は2年契約することを条件にすることで月額が5,200円となりフレッツ光との料金の差別化を図っています。
さらにこの「ギガ得ぷらん」はもう1つ長期ユーザー獲得を狙った「ずっとギガ得プラン」があります。
・「ずっとギガ得プラン」とは?
長期ユーザー獲得を狙っているだけあり、利用年数毎に割り引きを導入しているのが特徴です。
具体的な内容を見てみましょう。
「1年目の一年間は毎月100円の割引、2年目の1年間は毎月200円の割引となり、3年目以降は永年毎月300円の割引が入る」
という内容です。

よりわかりやすく書くと
「1年目→月額5,100円」
「2年目→月額5,000円」
ということになります。
携帯会社の「Docomo」の「ずっと割」を思い浮かべた人もいるのではないでしょうか?
ただ「ずっとギガ得プラン」は3年契約が条件になるので注意が必要です。
・2017年3月現在のキャンペーン
まずauひかりで一番お得になりえるのは何と言っても「auスマートバリュー」でしょう。
「auスマートバリュー」とはスマートフォンとインターネットをauに揃えることによってスマートフォン一台あたりに最大2,000円の割引が入るキャンペーンです。
例えば1世帯でauのスマートフォンが4台あれば最大8,000円の割引が入りのです。
この割引は2年間ですが、3年目以降も一台あたり1,000円の割引が永年入り続けます。
(SoftBank光も同様のキャンペーンを展開しています)
他には他社インターネット会社を解除料をキャッシュバック負担してくれる「auひかり スタートサポート」
更に一部の関東地域では月額から約1,000円の割引が2年間入る「auひかり はじめるキャンペーン」があります。
様々なキャンペーンがあり頭が混乱してしまいそうですが、家庭の通信料が一番安くなる選択は「ネットもスマホもauに揃える」ということでしょう。

5.auひかりにすることによるデメリットとは?

デメリットは発展途上だけ?
使用可能エリアの問題?

通信速度は速いうえに安くなるということでメリットばかり感じられたかと思います。
しかしその反面、当然デメリットもついてきます。
そのデメリットも踏まえたうえで契約するかしっかり検討しましょう。
・使用可能エリアが狭い
KDDIの独自光ファイバーはまだまだ発展途上。
主要都市以外の地方はまだまだこれからのようです。
auのホームページでお住まいのエリアが利用可能か調べることができるので、auショップに行く前に確認しましょう。
ちなみに滋賀県在住の私は自宅と実家の両方でエリアチェックしましたが、どちらもアウトでした…実家周辺はそれなりに栄えたとこなのに…。
・必ず工事が入る
「Docomo光」や「SoftBank光」はフレッツ光を使用していれば立会工事が必要ありません。
しかしauひかりは独自回線のため、現在がどこのネット会社を利用していてもKDDIによる立会工事が必ず必要です。
よって工事費が発生しますが、工事費相当の金額が毎月の月額料金から分割で割り引かれるキャンペーンも走っているので料金面は安心していいでしょう。

工事時間の目安はネットと電話であれば40分~2時間です。
テレビまでまとめる場合は更に倍の時間がかかると思っておきましょう。
・他社のネット会社のメールアドレスが引き継げない
これもauひかりが独自回線であるが故のデメリット。

例えばフレッツ光から「SoftBank光」に切り替える場合はフレッツ光の回線をそのまま使用するので、プロバイダーのメールアドレスを継続利用が可能です。

しかしau光はフレッツでも電力系でもないので、継続できる他社サービスがありません。

・NTTの加入権があればauひかりへ電話番号は移行できるが…
これは先々、またauひかりから他社へ乗り換える可能性がある人に影響がある固定電話のデメリット
NTTの加入権があればauひかりで固定電話の番号が変わらないまま光電話を使用することができます。
しかしこれから数年後、もしauひかりから他社へ乗り換えるとなって場合は他社の申込み窓口だけでは電話番号移行手続きができないのです。
何故かと言いますと、「ネット、電話、プロバイダーも一括している光業者」へ番号移行を行うと、あなたの電話番号はそのネット会社保有のものとなります。
その番号を継続利用する場合はNTTに連絡し、「今、光電話で使用している番号をNTTに戻した」と申告する必要があります。
また電話番号をNTTに戻す際もおおよそ3,000円~10,000円の費用が発生します。 定期的に乗り換えをしている人には一概にお勧めはできません。

・安くしようと思うと契約期間が長くなる
これも先々、また他社へ乗り換える可能性があるデメリットのpart2になります。
最も料金が安くなる「ずっとギガ得プラン」の契約期間は3年間です。
3年に一度やってくる更新月で解約をすれば問題はありませんが、更新月以外で解約をしてしまうと契約解除料が15,000円請求されてしまいます

そのうえスマートフォンを同じタイミングでauに揃えると、
「スマホが2年契約、ネットが3年契約」
とズレが生じてしまうため、2年後のスマホ更新月で他社へ乗り換えを検討するときにネットがネックになってしまいます。

長い目で利用する人にはあまり影響はありませんが…。

総括

回線クオリティの心配はほぼありません。
長期的に利用をされる方にはお得になるのでお勧めしやすいですが、定期的に乗り換える方にはお勧めしづらいです。
今、利用しているインターネット回線と携帯会社によってあなたのベスト選択が変わってくるので比較をしたうえで選ぶできでしょう。









ネット回線への加入はやっぱりネットからが一番お得!
8万円キャッシュバックも可能!ネット回線は店舗よりネット窓口で加入!これが主流になりつつあります!
スマホとかPCで入力1分、あとは待つだけで楽だったわ!
↓私達がマンガで解説しています↓

インターネット契約特典?家電店契約は大損!8万getの裏技


『ネット回線の新規契約や乗り換えをしたいけど、どうしたら良いかわからない。詳しい人に相談したい』
そんな人の為にサイトスタッフと直接相談できるコーナーを作りました。
やっぱりネット回線の話は複雑?ネット回線247スタッフが直接疑問を解決!