auひかりテレビセットを業界人が徹底解説!料金から画質クオリティまでお教えします!

「auひかりテレビセットを業界人が徹底解説!料金から画質クオリティまでお教えします!」 さっそく皆さんに質問なのですが、皆さんはご自宅でケーブルテレビは見ていますか?

私もケーブルテレビは見ていたのですが、当時に住んでいたマンションのインターネットサービスで見ていました。

従来のスカパー等を見ている方はベランダに衛星アンテナを設置されていると思います。

しかし最近はケーブルテレビもインターネットサービスとまとめることが可能になりつつあります。
場合によってはインターネットサービスとケーブルテレビをまとめてしまったほうが月額料金が安くなる場合もあるのです!

今回はケーブルテレビとセットが可能な「auひかり」をピックアップし、「スカパー」と比較していきたいと思います!

1.「スカパー」と「auひかりテレビサービス」の違い

「スカパー」と「auひかりテレビサービス」の違い
昔から「スカパー」を利用中の人はベランダに衛星アンテナを設置している方が殆どだと思います。
「スカパー」は今でこそ「フレッツ光」とのテレビセットを導入開始し、衛生アンテナの設置の必要が無い光回線でのケーブルテレビサービス提供を開始しました。
しかしこれはフレッツ光やフレッツ光回線を使用している光コラボを利用している、もしくは今後フレッツ光関係のインターネットサービスの申し込む予定の人でなければメリットが無いと言えます。

「auひかり テレビサービス」はベランダに衛生アンテナを設置することなく、光回線からケーブルテレビを提供するサービスです。

まず衛生アンテナと光回線だとどのような違いがあるのでしょうか?

衛星アンテナの場合はあくまでも電波を受信してケーブルテレビの視聴ができる形式です。
よって天候によって映像のクオリティが左右がされます。
そして台風等の強風によって衛星アンテナが破損するリスクも抱えているのです。
当時展開されていたプランも月額が4,000円前後のものでしょう。

対して「auひかり テレビサービス」はインターネットの光回線を使用してケーブルテレビを提供しているので、天候による影響がなく映像クオリティの乱れもありません。
また外にアンテナを設置する必要がないので、破損の心配も無くなるわけです。

クオリティ面に関しては昔の「スカパー」に比べると「auひかり テレビサービス」に軍配があがります。

ではプラン面ではどうでしょうか?

本文は下へ続きます









ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい

インターネット契約特典?家電店契約は大損!8万getの裏技


本文は下へ続きます

2.「スカパー基本パック」であれば変えたほうがいい?

「スカパー基本パック」であれば変えたほうがいい?
例えばもしあなたが月額が約4,000円の基本パックを契約していればプランを見直しするべきでしょう。
しかしそれだけで「auひかり テレビサービス」を選択するかどうかを聞かれると
「正直、ケースバイケース」
と私は答えます。

例えばスカパーの基本パックから「auひかり テレビサービス」にする場合、視聴するチャンネル選択が肝になります。
それは「auひかり テレビサービス」の「プラチナセレクトパック」は取り扱いチャンネルから5つが選択可能で月額1,980円があります。

ケーブルテレビは40チャンネルのプランを契約していても、普段実際に視聴しているチャンネル数は5チャンネル以下という人が多いです。
そのため、5チャンネル選択方式のプランが提供開始されました。

しかしスカパーにも「セレクト5」という同様のプランが存在します。
月額料金も同じ1,980円です。

ここで重要になってくるのは「auひかり テレビサービス」に視聴したいチャンネルがあるかどうかです。
こればかりは人それぞれなので「スカパー」と「auひかり テレビサービス」のパンフレットを見比べて確認するしかありません。

「映像クオリティも高いものにしたい!」と強く思われてる人であればお勧めの選択肢ではありますが、インターネットサービスの乗り換えと一緒にされたほうが無難です。
他の光事業社でもテレビサービスは存在しますし、選択肢もまだまだあります。

そして「auひかり テレビサービス」には致命的なデメリットが存在します。

3.「auひかり テレビサービス」には地デジの視聴が無い

「auひかり テレビサービス」には地デジの視聴が無い
フレッツ光や電力系光事業社のテレビサービスには基本的に「地デジ」も取り扱いがあります。
しかし「auひかり テレビサービス」には「地デジ」を提供するサービスが無いのです。

集合住宅の場合はもともとその物件自体に地デジアンテナが建てられているので問題はありませんが、新築戸建てでインターネット導入を検討されている人にとっては死活問題です。

というのも、地デジも同様で映像のクオリティやアンテナ破損のリスク問題が発生します。
これも優劣は光回線に軍配があがります。
更に地デジの場合は導入費用も光回線に大きく分があるのです。

自宅の天井にアンテナを建てる場合は依頼する業者によって導入費用が左右されます。
50,000~60,000円は最低でも発生しますし、悪質な業者に当たってしまうと100,000円ほど請求されるケースもあります。

光回線で地デジもまとめる場合は導入費用がテレビ1台分であれば24,000円、複数台になれ35,000円からとなり、よほどイレギュラーな場合でない限り50,000円まで請求されることはありません。

新築戸建ての場合は「auひかり」自体が選択肢から外れると思っていいでしょう。

既に戸建てに住まいでアンテナを天井に建てている人にとっては選択肢になりえるので、料金面とチャンネル面を比較したうえで決めましょう。

4.「スカパー」利用中の人には何がお勧め?

「スカパー」利用中の人には何がお勧め?
スカパーのままでインターネットをまとめるのであれば「フレッツ光」およびフレッツ光回線を使用したケーブルテレビサービス対応の光コラボ事業社にすることをお勧めします。

何より取り扱いチャンネルが変わらないのが大きいですし、もし視聴しているチャンネルが5つ以内であれば「セレクト5」にプランを変更するだけで月額料金が約2,000円は安くなります。

「フレッツ光」関係になると「Plala」が提供している「ひかりテレビ」もありますが、これも「スカパー」に比べると取り扱いチャンネルでの有利性があまりないのでお勧めができません。

正直、ケーブルテレビのチャンネルだけを考えれば「スカパー」に軍配があがります。
私が営業だったとしてもスカパーのほうが提案しやすいと感じています。

5.総括

「auひかり テレビサービス」は光回線でケーブルテレビを提供しているので、映像クオリティが確かに素晴らしいものがあります。

集合住宅の方や、既にお住まいの戸建て住宅に地デジアンテナを建てているという方には「auひかり テレビサービス」は選択肢として有効になるでしょう。
あとは取り扱いチャンネルが焦点となってきます。

新しく戸建てを建てる人にとっては「地デジ」非対応になってしまうので、他社の光回線事業社を選択するべきです。

しかし、もし手持ちのスマートフォンがauで「セット割が組めるサービス会社にしたい」とお考えの場合であれば地方別にある電力系光事業社にするべきでしょう。

電力系光事業社はどの地方のサービスも「地デジ」サービスを取り扱っています。
ただこのパターンになるとケーブルテレビサービスの取り扱いチャンネルが各地方のサービス会社による取り扱いチャンネルに準ずることになります。
別で「スカパー」を契約するという選択肢もあるでしょう。
しかしこの場合だと「スカパー」はベランダに衛星アンテナを設置することになりますが…。









ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい

ネット回線への加入はやっぱりネットからが一番お得!
8万円キャッシュバックも可能!ネット回線は店舗よりネット窓口で加入!これが主流になりつつあります!
スマホとかPCで入力1分、あとは待つだけで楽だったわ!
↓私達がマンガで解説しています↓

インターネット契約特典?家電店契約は大損!8万getの裏技


サイトのスタッフに直接質問コーナー
『ネット回線の新規契約や乗り換えをしたいけど、どうしたら良いかわからない。詳しい人に相談したい』
ネット回線247のスタッフが直接お答えします!

現在使っている回線やお住まいの都道府県、お使いのスマホの会社名など教えていただけますとスムーズにご返信できます。

↓FacebookやTwitterでやりとりする場合はコチラ↓
やっぱりネット回線の話は複雑?ネット回線247スタッフが直接疑問を解決!