auスマートバリュー落とし穴とは?解約料やmineのメリットを業界人が解説!

auスマートバリュー落とし穴とは?解約料やmineのメリットを業界人が解説!

auスマートバリューmineとは?
メリットが知りたい!
この記事では「auスマートバリュー」に関するメリットやデメリットを解説します。
今や「DoCoMo」、「SoftBank」、「au」の携帯電話3大キャリアは「スマホとネットがセットでお得!」と謳うことがお馴染みになりました。
その中でも割引額のお得度が高いものは「SoftBank」の「おうち割 光セット」と「au」の「auスマートバリュー」です。
「おうち割光セット」は自宅のインターネットを「SoftBank光」にするか、置き型Wi-Fiルーターの「SoftBank Air」の契約が適用条件。
「SoftBank」関係のインターネットとセットにする必要があるわけです
ね。
対して「auスマートバリュー」は「auひかり」とセットにすることが一般的な適用条件です。
しかし「auスマートバリュー」の適用条件は「auひかり」以外にも存在します。
ここでは「auスマートバリュー」の適用条件となる光回線事業者を紹介し、事業者別にメリットとデメリットを解説します。
・「auスマートバリュー」と「auスマートバリューmine」
・「auスマートバリュー」が適用されるインターネットサービス
・「auスマートバリューmine」が適用されるインターネットサービス
・適用条件サービスの解約金は?
・サービス事業者別のメリットとデメリット

1.「auスマートバリュー」と「auスマートバリューmine」

家族全員「au」だから
インターネット併用割引はある?
「au」のインターネットサービス併用割引には「auスマートバリュー と「auスマートバリューmine」の2種類があります。
適用条件となるサービスは後ほど詳しく解説します。
まずは割引金額を紹介します。
【auスマートバリュー割引額一覧】

  2年間割引額 3年目以降永年割引額
データ定額10/13/30GB 2,000円 934円
データ定額5/8/20GB
LTEフラット(7GB)
1,410円 934円
データ定額2/3GB
ジュニアスマートフォンプラン
シニアプラン       
934円 934円
データ定額1GB 934円 500円

【auスマートバリュー割引額一覧】
  割引額(永年)
データ定額5/8/10/13/20/30GB
LTEフラット(7GB)
934円
データ定額2/3GB
ジュニアスマートフォンプラン
シニアプラン
743円
データ定額1GB 500円

※データ定額8/10/13GBは新規受付を終了。
「auスマートバリュー」は同一家族内であれば最大10回線まで割引が適用されます。
「auスマートバリューmine」の割引適用は1回線のみです。
家族全員が「au」のスマートフォンを使用している人は「auスマートバリュー」が適用できるインターネットサービスを選んだほうが良いでしょう。









ネット回線への加入はやっぱりネットからが一番お得!
8万円キャッシュバックも可能!ネット回線は店舗よりネット窓口で加入!これが主流になりつつあります!
スマホとかPCで入力1分、あとは待つだけで楽だったわ!
↓私達がマンガで解説しています↓

インターネット契約特典?家電店契約は大損!8万getの裏技


2.「auスマートバリュー」が適用されるインターネットサービス

スマートバリュー対応は
eoひかり、auひかり、地方もあり?
つづいて「auスマートバリュー」が適用されるインターネットサービスを紹介します。
「auスマートバリュー」が適用できるインターネットサービスは基本光回線です。
・「auひかり」
「au」が提供している光回線インターネット。
「ドコモ光」と「SoftBank光」はフレッツ光回線を利用しますが、「auひかり」は独自の光ファイバーを利用しています

もともと東京電力の光ファイバーを流用したことがはじまりのため、関西や中部エリアなどは提供されていません。
※一部マンションタイプは除く。
各プラン料金は以下の通りです。
【auひかり 戸建てタイプ】

  1年目 2年目 3年目以降
ずっとギガ得プラン 5,100円 5,000円 4,900円
ギガ得プラン 5,200円 5,200円 5,200円
標準プラン 6,300円 6,300円 6,300円

※プロバイダ料金込み。
【auひかり マンションタイプ】
  月額料金/永年
タイプV 16契約以上 3,800円
タイプV 8契約以上 4,100円
都市機構デラックス 3,800円
タイプE 16契約以上 3,400円
タイプE 8契約以上 3,700円
マンションギガ 4,050円
マンションミニ ギガ 5,000円
タイプF 3,900円

※プロバイダ料金込み
また沖縄には「auひかり ちゅら」があります。
・各地方の電力系ネット事業者
「au」は各地方の電力会社が運営するインターネットサービスと併用することで「auスマートバリュー」が適用できます。
関西電力が提供する光回線インターネットの「eo光」を目安して解説します。
フレッツ光回線とは異なる、いわゆる「電力系光事業者」です。
【eo光 戸建てタイプ】
  月額料金/永年
タイプV 16契約以上 3,800円
タイプV 8契約以上 4,100円
都市機構デラックス 3,800円
タイプE 16契約以上 3,400円
タイプE 8契約以上 3,700円
マンションギガ 4,050円
マンションミニ ギガ 5,000円
タイプF 3,900円

※プロバイダ料金込み。
【eo光 マンションタイプ】
  月額料金/永年
VDSL方式 モデムレンタル 3,524円
VDSL方式 モデム買取 3,124円
VDSL-S方式 モデムレンタル 3,791円
VDSL-S方式 モデム買取 3,391円

※プロバイダ料金込み。
名古屋地方は「コミュファ」、中国地方は「MEGA EGG」、四国地方は「Pikara」、九州地方は「BBIQ」が対象になります。

3.「auスマートバリューmine」が適用されるインターネットサービス

auスマートバリューmine
「UQ WiMAX」一択?便利?
「auスマートバリュー」が適用されるインターネットサービスは「UQ WiMAX」一択のみです。
モバイルWi-Fiルーターでご存知の方も多いのではないでしょうか?
【UQ WiMAX月額料金】

  月額料金/永年
VDSL方式 モデムレンタル 3,524円
VDSL方式 モデム買取 3,124円
VDSL-S方式 モデムレンタル 3,791円
VDSL-S方式 モデム買取 3,391円

モバイルWi-Fiルーターは月間で7GBまでしか使えないイメージがありましたが、今は上限がないプランも用意されています。
固定回線替わりとして使用する人も急増しています。
しかし3日間で10GBを使用すると一定時間に速度制限が掛かります。

一人暮らしの方に向いているサービスと言えます。

4.適用条件サービスの解約金は?

今は「3年契約」が主流?
解約金は割高になった?
以前までのインターネットサービスは「2年契約」となっており、解約には約10,000円が必要でした。
今は「3年契約」となる長期割引を打ち出しているサービスが中心となっており、約15,000円と割高
になっています。
契約期間を満了すれば契約解除料金が0円になる、もしくは減額されます。

5.サービス事業者別のメリットとデメリット

メリットはやはり価格!
問題は更新月?提供エリア?
光回線事業者、「UQ WiMAX」どちらも様々なメリット、デメリットがあります。
これによってどちらを選べば良いか、自ずと見えてくるでしょう。

【光回線事業者を選ぶメリット】
・下り速度最大1Gbpsの高速回線
「auひかり」をはじめ、電力会社が提供する光回線は通信速度が高速です。

実測値の口コミもネガティブなものは見受けられません。
・最大10回線まで割引が適用される
家族全員が「au」ユーザーな方は全員に割引が適用されるので、固定インターネット回線が最も良い選択肢と言えます。
・長期割引でネット代も安くなる
「auスマートバリュー」が適用できる事業者は全て長期割引を申込むことができるので、スマホ代だけでなくネット料金も節約することができます。
【光回線事業者を選ぶデメリット
・立会い工事が必要
これは光回線を導入するうえで必ず付いてくる障害です。
これさえクリアできれば自宅のネット環境も快適になり、通信費も安くできます。
・スマホとネットの更新月にズレが生じる
通信費を節約するため2年ごとに携帯会社を乗り換えている方にとって、最大の障害になるのが更新月。
「au」の携帯電話の更新月は2年に1回。
光回線事業者で長期割引を契約すると、更新月は3年に1回
となります。
よって「2年に一度、スマホとネットを同時に乗り換える」ことが困難です。
【UQ WiMAXを選ぶメリット】
・工事が不要でネット環境が作れる
モバイルWi-Fiルーターの最大の魅力は「工事が不要で使用ができる」
ことです。
引っ越しが多い方や一人暮らしの方には導入が容易と言えます。
・持ち運びができる
モバイルWi-Fiルーターは自宅だけでなく、外出先でも活用できます。
またスマホ以外にタブレットやノートパソコンなどで同時接続が可能
です。
【UQ WiMAXを選ぶデメリット】
・提供エリアが限られる
「UQ WiMAX」は使用できるエリアに限りがあります。
外出先がエリア外になることもあり
得ます。
・3日間で10GB使用すると速度制限が掛かる
一人暮らしであれば固定回線替わりとして運用できますが、2人以上の家族がいる家庭では上記の制限があるためお勧めできません。

総括
「auスマートバリュー」の割引自体にデメリットはありませんが、「au」のスマートフォンとセットにする光回線の更新月が合致しない点が大きなデメリットです。
末長く「au」を使い続けるには魅力的ですが、定期的に乗り換えをする方にはお勧めし難いと言わざるを得ません。
契約前に契約年数と更新月を必ず確認しましょう。
「UQ WiMAX」は2件契約形式となっており、比較的導入はしやすいです。









ネット回線への加入はやっぱりネットからが一番お得!
8万円キャッシュバックも可能!ネット回線は店舗よりネット窓口で加入!これが主流になりつつあります!
スマホとかPCで入力1分、あとは待つだけで楽だったわ!
↓私達がマンガで解説しています↓

インターネット契約特典?家電店契約は大損!8万getの裏技


『ネット回線の新規契約や乗り換えをしたいけど、どうしたら良いかわからない。詳しい人に相談したい』
そんな人の為にサイトスタッフと直接相談できるコーナーを作りました。
やっぱりネット回線の話は複雑?ネット回線247スタッフが直接疑問を解決!