adslが遅い原因とメカニズムを解説、光回線に変えませんか?

adslが遅い原因とメカニズムを解説、光回線に変えませんか?
インターネット回線は各自さまざまな回線を引いて利用しているかと思います。スマホのインターネットのみにしているといった人も少なくありません。スマホのネット回線はモバイル回線に該当するわけですが外出先でも利用できますし大変便利です。

また外出先と自宅で使えるモバイルWIFIについても便利です。モバイルWIFIについても近年速度が速くなっており使い勝手が良くなっているのも特徴です。

自宅でネット回線を引くというケースもあります。スマホと併用して自宅でもインターネット回線を引いている家庭が少なくありません。自宅のインターネット回線ですが最近は光回線をひいている家庭が多くみられます。

光回線はNURO光なら最大2ギガ、それ以外の光回線は1ギガが基本となります。ADSLの時代から比較すると20倍以上もの速度となっており高速速度を体感することが可能です。動画の視聴やオンラインゲームも光回線で楽々利用できます。

ADSLは前の世代といったイメージが強いですが今も尚利用は可能です。先日NTTでは2023年をもってADSLの利用は廃止にすることを発表しています。少なくともあと5年は利用できるわけです。

動画視聴や重い画像を送る機会が多いユーザーでなければADSLで普通にインターネット利用が可能であり特段不便を感じることもないかと思います。ADSLを現在も利用しているユーザーも見られます。

ところでADSLですが速度が低下したり、動画視聴だと途切れてしまうアクシデントもまだまだ存在します。これは速度のせいなのか、それとも他の要因なのか?その点も気になるところです。ここではADSLの特徴から速度が遅い原因を紹介したいと思います。

ADSLはもうほとんど利用されていないかと思っていたけど、まだ利用しているユーザーもいるわけね。ADSLでも十分な速度は出るわけだし、確かにそんなに不便を感じることはないかも。
ADSLも高速回線で動画視聴などもできますしね。よっぽどのヘビーユーザーでなければ確かにADSLでも十分な速度ですしね。ADSLもどうなっているか気になるところですね。

遅いadslから光回線に変えませんか?地域別にランキングしています


1.色々と小技はあるものの、根本的な解決は難しい

色々と小技はあるものの、根本的な解決は難しい
費用のことを考えADSLを契約しているもののオンラインゲームの最中に途切れたり不便を感じることも多い、なんて声も耳にします。ADSLは高速回線として普及し、光回線が広がる1つ前の世代の回線です。

すでに光回線に切り替えているユーザーも多く、「今もまだADSLってあるんだ!」と驚かれるユーザーもいることでしょう。ADSLですが現在も現役で頑張っています。先日NTTよりADSLの回線は2023年をもって終了する旨発表されました。ということはあと5年はADSLが利用できるというわけです。

ADSLと光回線ですが大きな1番の違いは利用されているケーブルの違いとなります。利用されているケーブルですがADSLの場合メタルケーブルとなります。メタルケーブルは銅線を利用したケーブルで固定電話で利用されているものです。

一方光回線は光ファイバーを利用した回線です。光ファイバーは半永久に利用できる回線でメタルケーブルの耐久性は10年とすると耐久性からも非常に優れている回線となります。

光ファイバーケーブルはNTTと国が予算を組んで全国にインフラを整備した回線であり、今では光コラボレーション商品としてもおなじみです。

さてADSLに話を戻しますが、ADSLはズバリ速度が遅いと感じているユーザーもいるかと思います。特に光回線を利用した後だと遅く感じるのは当然です。なぜなら光回線と比較するとADSLは20倍ほど遅いからです。

ADSLと光回線ですが20倍という速度を聞くと速度の違いが納得できるのではないでしょうか。

その他ADSLは電話との共用やメタルケーブルが影響を受ける要素があるとぶつぶつ途切れたり、回線速度が遅くなるなど影響があります。光ファイバーケーブルは電話の利用やその他の影響を受けにくい性質を持っており、速度が遅くなるときはプロバイダや機器の影響の可能性が高いわけです。

このようにメタルケーブルと光ファイバーケーブルはそもそものケーブルの質が異なります。ADSLの速度低下や影響に不満を感じるユーザーは光回線への乗り換えを検討してみてはどうでしょうか。

少なくとも途中で途切れたり、動画視聴が止まったりといったことはなくなるかと思います。これで快適になるなら乗り換えもおすすめです。

ADSLの途切れや速度に不満を抱えているなら乗り換えを検討した方がよさそうね。根本的に光回線とADSLは利用されているケーブルも違うわけだし、解決方法としても乗り換えがベストというわけね。
そうですね。そもそもの特質が異なるのでADSLの特徴に不満がある人は光回線へ乗り換えるのが1番の解決策になります。その点も検討してみるといいでしょう。

本文は下へ続きます









ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい

インターネット契約特典?家電店契約は大損!8万getの裏技


本文は下へ続きます

2.基地局と遠いと遅いという理不尽なadsl

基地局と遠いと遅いという理不尽なadsl
ADSLについてはNTTの基地局からの距離が重要となります。NTTの基地局についてみなさんはご存知でしょうか?通信をなんとなく利用している場合、NTTの基地局までに目がいかないのは当然ことです。

筆者もADSLが開通した当時自宅からNTTの基地局までの距離を調べたことがあります。すると2.6㎞程距離があり、これはADSLに不向きだと言われたことから結局ケーブルテレビのインターネット回線を選択しました。料金的にはADSLの方がお得だったのですが、仕事でも利用するため速度の角度はそこそこポイントでもあったのです。

このようのNTTからの基地局の位置関係でADSLの速度が思うように出ない環境ということも考えなければなりません。光回線ではそうしたことが一切ないのに、なぜADSLではそうしたことが起きるのか?と疑問を持っているユーザーもいるかと思います。

ADSLで利用されているケーブルはメタルケーブルという銅線のケーブルとなります。銅線のケーブルは伝達や距離などにも光ファイバーケーブルと比較すると格段に影響を受けやすいケーブルで「影響を受けることが前提」のケーブルでもあるのです。

このような性質からメタルケーブルを使っているADSLではどうしても距離や周りの環境に影響を受けやすく、速度にも影響してしまうというわけです。

今でこそ光ファイバーケーブルが当たり前となっていますが、それこそ通信は長い歴史の中でメタルケーブルで発展してきたといっても過言ではなく、ケーブルメーカーでも以前はメタルケーブルの生産が主流でした。メタルケーブルは10年前後で張替えることが多く、半永久に利用できる光ファイバーケーブルと比べて耐久性もまるでことなります。

NTTの基地局は自分で選べるわけではないので利用拠点の距離を確認した上で申し込みをすることとなります。

ADSLの申し込み前にNTTの基地局の距離を確認してADSLが満足な形で利用できるか確認した方が良いということね。ケーブルの性質上、距離があるとADSLの回線に影響が出るということが理解できたわ。
その通りです。こればっかりはケーブルの性質なのでどうすることもできません。その上で申し込みを検討する必要があります。

3.ADSLを利用する利点

ADSLを利用する利点
ADSLは光回線の前の世代の通信で現在光通信を利用している人もかつてはADSLを利用していたといった人が多いことでしょう。インターネット回線があるのは今の時代当たり前ですがここ17年前後でインターネット環境も大きく変わり、動画配信など画期的な進化を遂げています。

インターネットの利用については「速度」もキーポイントの1つです。特に重い画像のやりとりが多い人やいわゆるヘビーユーザーは高速回線でかつパケットの制限がないものを求めるかと思います。

料金についても近年は下がっている傾向にあります。例えば光コラボレーション商品です。光コラボレーション商品についてはフレッツ光よりもさらに安価となっており、中には1000円前後インターネット接続料金が安くなるケースもあります。通信費は毎月かかるコストなので見直せるなら見直したいところです。

インターネット接続の方法ですがADSLについても悪くありません。むしろそこそこの速度でいいといった人は光回線に比べて料金が安価なことから利用にもおすすめとなっています。

ADSLの利用ですが問題は利用場所とNTT基地局が近いかどうか?といった点です。遠いなら高速通信は難しくなります。距離を踏まえて検討するといいでしょう。ADSLですがメタルケーブルが利用されています。メタルケーブルは光ファイバーケーブルと異なり周りの環境に影響を受けやすいケーブルでもあります。そのためなんらかの影響を受けると速度が遅くなったり、途切れたりします。

対策としては伝送損失をしないことが大事です。そのためには例えば固定電話と併用している場合、固定電話を利用している最中は影響を受けやすいのでインターネットの利用は控えるなどといった方法もおすすめです。携帯電話についても電磁波の影響があるなどといった言われがあります。

基地局の距離についてはNTTに確認すればわかります。ADSLを開通する前に教えてくれるので訪ねてみるといいでしょう。平均速度ですがADSLの契約速度によっても異なります。モデムなど通信の機器についても確認しましょう。

ADSLは高速な速度は難しいと思っているユーザーもいるかと思いますが普通に利用している分には動画を見ることも可能ですし、そんなにストレスを感じることもないかと思います。むしろ夜間規制をしている光回線の方がストレスを感じるかもしれません。

解約方法ですが電話やインターネット上から解約することが可能です。各社でやり方はまちまちなので確認してみるといいでしょう。ソフトのダウンロードなどに利用する場合、ある程度の速度は必要となります。

もしよく途切れたり速度がいまいちならルーターの電源を入れなおしてみることをいおすすめします。ルーターの調子がいまいちだと速度にも影響がでます。ルーターはもちろんパソコンなどの機器も注意点がいくつかあるのでその点も気を付けましょう。

契約については光回線サービスにするかADSLにするか迷っている人もいることでしょう。回線速度にこだわる人やNTTの基地局から離れた距離であるなら光回線がベストです。ADSLについても当然セキュリティソフトの対応となっているのでオプションも確認してみましょう。

回線料金ですが固定電話とADSLがセットならADSLより安価で利用できます。契約プランやサービスなどおすすめをチェックしてみるといいでしょう。

インターネット回線ですがルーターなども含めて機器チェックは欠かせません。インターネット利用で速度が遅い原因ですがADSLモデムやプロバイダーなどいくつか理由があることがあります。この点を絞り込んでいくことが大事です。

月額については価格コムなどで調べてみるとわかります。月額だけではなくキャッシュバックや解約時の費用、工事費なども調べてみましょう。ケーブルについては契約の際にLANケーブルが支給されるなど無料でもらえることが多いです。

環境によってインターネット回線を選択し回線速度なども見てみるといいでしょう。パソコンの状況で通信速度も変わってきます。長年同じパソコンを利用しているユーザーはパソコン状況についても確認してみましょう。

利用単位やサービスからモデムを変更したり、フレッツ光の導入を検討するのも良いでしょう。速度については個人の利用頻度とコスト、満足度などさまざまなポイントから検討するのが1番です。

光回線からADSLとなると速度がかなり落ちるイメージだけど、そういうわけでもなさそうね。NTTの基地局からの距離を確認するなどいくつか調べていけば利用しても問題ないかわかるわけね。
ADSLもコストも安いですし、高速回線として立派な役割を果たしています。ただ最近は光回線も料金が安くなっているので光回線と料金も含めて比較して検討するのが良いかと思います。








ネット回線の人気ランキングを都道府県別で見る場合はこちらをご覧下さい

ネット回線への加入はやっぱりネットからが一番お得!
8万円キャッシュバックも可能!ネット回線は店舗よりネット窓口で加入!これが主流になりつつあります!
スマホとかPCで入力1分、あとは待つだけで楽だったわ!
↓私達がマンガで解説しています↓

インターネット契約特典?家電店契約は大損!8万getの裏技


サイトのスタッフに直接質問コーナー
『ネット回線の新規契約や乗り換えをしたいけど、どうしたら良いかわからない。詳しい人に相談したい』
ネット回線247のスタッフが直接お答えします!

現在使っている回線やお住まいの都道府県、お使いのスマホの会社名など教えていただけますとスムーズにご返信できます。

↓FacebookやTwitterでやりとりする場合はコチラ↓
やっぱりネット回線の話は複雑?ネット回線247スタッフが直接疑問を解決!